テクノロジー, 仮想通貨関連

スマートプロパティの実現にむけて

0
スマートプロパティの実現へ

ビットコインの出現によって貨幣というものへの概念に変革が生じた。既存の日本円や米ドルなどの貨幣は、中央政府によって管理・操作され、紙幣・硬貨による物理的な担保のあるものであった。一方、ビットコインなどの暗号通貨は、中央集権的な存在は無く、匿名のネットワークによって所有権を検証し、貨幣の取引履歴を合意する、分散型の貨幣である。取引を仲介する存在が省かれたことによって、取引手数料が格段に安く抑えられる。このメリットは海外送金などの際には大きな利益をもたらす。グローバル化し、eコマースなどの国境を越えた取引が盛んになってくるであろう現在のビジネスの流れをさらに加速させるものとなるだろう。

ただあくまでビットコインは貨幣に限った革命である。これを他のあらゆる資産に関して、ビットコインと同様の方法で所有権と取引の合意をなそうというのがスマートプロパティである。現在、Bitcoin2.0のムーブメントの中でEthereumをはじめとしてスマートプロパティを実現するためのプラットフォームを開発しているプロジェクトは数多くある。

スポンサーリンク

スマートプロパティの中でも、商標や著作権、特許などは実物として存在するものではないので、実現もそれほど困難ではないだろう。それに対して、不動産や土地といったものは有形資産として存在するので困難そうに思える。ビットコインのようにブロックチェインによって所有権を検証するとして、では、果たして日常生活においてブロックチェインでの所有権をどのように主張し、確認し、施行していけば良いのだろうか?

まず単純に考えうるのは法機関や警察もユーザーと同様にブロックチェインから所有権を検証し、それに基づいて業務を施行してもらうというものである。ただこの場合、最終部分の法の施行に関しては中央集権機関に依存している形となる。これをさらに押し進めることは出来ないだろうか?

全ての資産に関してはまだまだ困難はあるかもしれないが、技術の進歩によって施行自体も分散型に出来うる可能性がある。例えば、無人自動車の開発が現在進められているが、それを応用できないだろうか?あなたがある車の所有権をブロックチェイン上で主張したとする。しかし、元所有者はその車をなかなか渡そうとしない。そこでブロックチェインの所有権をもとに車をリモートコントロールによって操作し、あなたのガレージまで移動させる、など。この例でもまだまだ夢物語のように感じられるが、10年前にはほとんど誰も持っていなかったスマートフォンは、いまや持っていないと時代遅れ扱いされる。現在、ビットコインがパソコンから簡単に取引できるように、あらゆる資産を取引し、さらに警察などの中央機関を挟まずして、その取引が施行されるスマートプロパティが実現する日も思っているほど遠い未来では無いのかもしれない。

 

 

BTC : 1Av3P7XBJjf5nNHaa1QDp76XGLtC6T3PLJ

LTC : LWuTZfUW9BjK3CZREdk3Y4ki12fCU5JE4m

MONA : MQx1pNvfCXuU2idsWW1xQMSRaQizAdHGTp

STR : gJ5AoP3iayUKLiEiGf87HSzQJdsKxz1Bq7

 

コメントを残す