ビットコイン市況

ビットコイン市況Weekly Review (8/24 – 8/31)

0
ビットコイン市況

8/17の週に1BTC = $500を下回った反動で、週の半ばにかけてリバウンドの流れとなった。しかし、1BTC = $525くらいに付けた週半ば27日くらいから、徐々に売られて行き、1BTC = $505 – 510の付近に落ち着いた。売りのトレンドはさらに継続し、8/31日は$500を切り、$490くらいまで売られることとなった。

8/24の週前半にTechCrunchにて、取引所であるSFOEが取り上げられたりAPPRIVAとGoCoinが提携するなどと、追い風のニュースが多かったからが原因かはちょっとわからないものの、多少はポジティブに働いたのではないだろうか?

スポンサーリンク

これも直接的にどれだけ影響があったかは不明だが、Coindeskが特集でCitiのレポートをベースにマイナーや、ビジネスがビットコインの価格を低く抑えていることを記事にした。Expediaのような大企業は、ビットコイン決済を可能にしているが、受け取り次第すぐに通貨に変換しているとのことだ。権威のあるCitiが大本のソースであることを考慮すると、ネガティブな影響を与えたと見るのが妥当だろう。

後半の下降トレンドを転換しうる材料として、ビットコイン関連での初の上場企業であるDigitalBTCがなかなかの決算を発表したが、トレンドを変えるようなモノにはならなかった。

興味深いのは、ビットコインは金との相関性が比較的高いのではないかということだ。ビットコインの特性を考えれば理解はできる。ビットコインは土日もしっかりトレードされるので、金の週空けのプライスを予測するいい指標にもなるかもしれない。

来週から9月。休暇から返ってきたアメリカ人がもう少し気合いを入れてトレードすると踏んで、若干価格を戻すのではないかと思っている。流動性が重要な価格形成要素だからだ。

gold chart

ビットアンテナへのサポートはこちらへ!

Bitcoin 14ioKrt9SU1VMDzmieLBB8rtFnAHGpE3Go

Dogecoin DQTJezDXTuquYEqtPp7BPjE6Qsg7wJ3Bvd

Monacoin MFw9KzVUSZW6qWc1yod2eFt4dwFrgY9WKu

Stellar gD7XsQZsNM78RFXucKVfZ2obsQq24zfm9r

コメントを残す

BitAntennaのNewsを受け取る