ハプニング, ビットコイン

“ナカモトサトシ”が狙われている

0
ハッキング

こちらでも書いているが、ビットコインの生みの親は中本哲史と言われている。
ただ、その正体はまったくの不明だ。

そんな”ナカモトサトシ”に対し、メールのハッキングを試みる人が現れた
GMX.comにおけるナカモトサトシの本アカウントが狙われたのだ。
実際に、機密情報を暴露するという脅しをされている模様。
このニュースはナカモト氏の正体に興味ある人にとっては非常におもしろいネタとなっている。

スポンサーリンク

VICEはこのメールアカウントは少なくとも2人は管理者がいるのではないかと報じている。(1人はナカモトである)

VICEはハッカー2人にコンタクトをとった。
うち1人が言うには、ビットコインの創造主が公にされるというのは違うのではないかと考えているよう。
VICEは取材のあとこの当人から連絡をもらったが、そこには、このメールアドレスは何人かの団体が使っているのではないかという内容だった。

2人目はVICEとDegavas1337という名でやり取りをしていたが、
当人が言うにはメールアカウントの内容でナカモトサトシの正体が明らかになるとのこと。
ただ、その正体は依然明るみには出ないだろうと続けた。

ますます謎に包まれるサトシナカモト。
その正体は気になるばかりである。

コメントを残す

BitAntennaのNewsを受け取る