ビットコイン, ビットコイン普及, ビットコイン規制

ビットコインの規制の行方は!?

0
bitcoin

編集チームがちょうどバングラディッシュ政府のビットコインに対するスタンスを記事にしていたが、

マン島(イギリス自治領)ではビットコインのインフラを提供しているCapital Treasury Servicesが
銀行のサポートを得られなくなったことを理由に来月ビットコインを含む仮想通貨ビジネスから手を引く。

スポンサーリンク

その一方で

Fedボストンでは、「ビットコインはショッピングのコストを下げる」との明るい見解も発表している。
同ホームページでは「Bitcoin as Money?」というリサーチペーパーも発表しており、ビットコインに対する
姿勢はポジティブな方に思われる。

現在ビットコインの価格を構成する一番大きな要素は間違いなく各国の規制の動向である。
(特にアメリカと中国のビットコインに対する規制の動きが価格を動かす)

Coindeskも主要先進国の法規制をまとめているが、主要どころでは以下の認識だ。

カナダのように法律でおおやけにビットコイン含む仮想通貨の存在を認め、実質支持をする国もいれば
ロシアのような財務省が2015年までにビットコインを含む仮想通貨を禁止する法案を通そうとしている国もいる。

オーストラリアの国税局もいまやビットコインの存在を認め、課税のガイドラインを明確にした。
日本ではふくだ峰之自民党議員を筆頭に「価値記録」と位置づけ、当面法規制はせずに普及することに注力している

中国では銀行が扱うことを人民銀行が禁止しているが、中国での取引は依然大きい。
(1週間の全世界のビットコイン取引の70%が中国人だったくらいだ!)
アメリカではまだ政府として統一した見解を発表していない。法によるビジネスの影響が一番大きい国であるといえる。

ビットアンテナへのスポンサーはこちら↓
Bitcoin 14ioKrt9SU1VMDzmieLBB8rtFnAHGpE3Go
Dogecoin DQTJezDXTuquYEqtPp7BPjE6Qsg7wJ3Bvd
Monacoin MFw9KzVUSZW6qWc1yod2eFt4dwFrgY9WKu
Stellar gD7XsQZsNM78RFXucKVfZ2obsQq24zfm9r

 

コメントを残す