ビットコイン, ビットコイン市況, 仮想通貨関連

ビットコインの下落について(FOMCを受け、スコットランド独立住民投票を控え)

0
bitcoin price

 

ビットコインの価格昨日より昨日の1BTC = $472から一時$443まで約6.5%近く価格を下げている。(Bitcoin Wisdom)
9/18 10:00現在、価格は少しもどし、$450付近をさまよっている。

9/15月曜に、世界最大のNPOであるNPOがビットコインでの寄付を受け付け始めたりと、
価格を支持するような導入のニュースは相次ぐが、現状は需給で売られているようだ。

おそらく昨夜のFOMCのYellen議長の声明が影響を与えたのだろう。

「現在の経済状況に照らせば『相当な期間』という文言を声明文に残すのが適当だと米連邦公開市場委員会(FOMC)は判断した。今回発表した経済予測はそれぞれのメンバーの予測でありFOMC全体の予測ではない。そのうえで言えば、6月の会合時点と比べて今回の予測の内容には大きな変化はない。失業率の見通しがわずかに低下し、インフレ見通しがわずかに上昇した程度で、全体としては最小限の変化だ。そのため『相当な期間』という表現は適切だと判断した」

インフレの見通しが「わずかに」ということなので、いまやコモディティの一種ともいえるビットコインは売られたのだろうか。

さらに本日9/18、本日は日本時間夕方くらいからスコットランドの独立に関しての住民投票を控え、マクロ的にも不安定な地合いである。
おそらく独立が成立することはまずないだろうが、成立したらおそらくビットコインの価格はあがるはずだ(ポンドが下がると思っているからである)

ところで金の価格は先週末前に下落したのだが、もしかしたら金はビットコインの先行指標なのかもしれない。

gold price

 

ちなみに筆者はさらにビットコインを買い続ける予定だ。

スポンサーリンク

ビットアンテナへのスポンサーはこちら↓

Bitcoin 14ioKrt9SU1VMDzmieLBB8rtFnAHGpE3Go
Dogecoin DQTJezDXTuquYEqtPp7BPjE6Qsg7wJ3Bvd
Monacoin MFw9KzVUSZW6qWc1yod2eFt4dwFrgY9WKu
Stellar gD7XsQZsNM78RFXucKVfZ2obsQq24zfm9

コメントを残す