ビットコイン, ビットコインベンチャー, ビットコイン関連ビジネス

Coinbase社が7500万ドルを調達

0
Coinbase

1月20日、ビットコインウォレットサービス会社のCoinbaseがラウンドCの資金調達として7500万ドルを調達したと発表した。

今回のCoinbaseの資金調達は金額もこれまでのビットコインベンチャーとして最大だったBlockchain.infoの3050万ドルの倍以上の上、出資者もそうそうたるメンバーが揃っていることに筆者は驚いた。
Coindeskの記事によると今回の資金調達はビットコインユーザーならお馴染みのTim Draperがパートナーを務めるDraper Fisher Jurvetson (DFJ) Growth Fundにより主導され、NYSE(ニューヨーク証券取引所)、S&P500の採用銘柄であるUSAA、スペインの大手銀行BBVA(ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行)、そして日本のNTTドコモも出資に参加している。

去年11月時点でCoinbase社の企業価値が4億ドルと評価されている。という記事があったが、今回の資金調達はこの企業評価を受けてのもののようだ。

昨年のビットコイン関連企業に対する投資額が3億3500万ドルだったということだが、今回の資金調達は昨年に続いてビットコインベンチャーの勢いが衰えていないことを証明するものであろう。

これからもビットコインベンチャーからは目の離せない状況が続きそうだ。

コメントを残す