2011年10月に元グーグル職員のチャールズ・リーがオープンソース管理のGithubに発表した。世界最高権威をもつWall Street Journalや、The Economist、CNBCにも多々取り上げられている。2014年8月現在、ビットコインの次に注目されている仮想通貨(ビットコインの次に高い価格で取引されている)

 

ライトコインとビットコインの違いとしては
– 取引の確認時間が短い。(ビットコインが10分 vs. ライトコインは2.5分)
– Proof-of-workにscryptを用いることで、保存効率性がビットコインより優れている。
– ビットコインよりも最終流通量が多い(8400万ライトコイン = ビットコインの約4倍)

ライトコインを入手するためには、ビットコインと同じく財布が必要。ライトコインのウェブサイトからダウンロードできる。すごくシンプルでただ、ダウンロードしてインストールしていけば良い。

 

litecoin

 

入手方法もビットコインと同じ。取引するか、採掘するか、モノ・サービスを売って交換するか。

ビットコインがそんなにシンプルに入手できないので、ライトコインはもっと難しい。しかしながら、ビットコインに比べて、まだまだ評価額がすくなく、かつ採掘量も多いため、採掘するという選択肢はビットコインほど複雑なものではない。

なのでビットコインと同じくこのビットアンテナでは実際に運営メンバーがやってみて、それを少しずつまとめて記事にしていこうと思う。

ちなみに、採掘は自分でやるのは結構きついので、採掘プールに参加してやるのが一番効率の良いやり方だと現時点では思う。Liteコインの比較的著名なPool(https://litecoin.info/Mining_pool_comparison) をチェックしてみると良い。

 

http://en.wikipedia.org/wiki/Litecoin
https://litecoin.org/ja/
http://www.coindesk.com/information/how-to-mine-litecoin/

コメントを残す